出会い系で熟女の人妻が対決

出会い系の概要

出会い系の概要 出会い系は最も多くの地域で飲用されているアルコール飲料の一つである。
出会い系は主に以下の3種類に分類される。
白出会い系
主に無色に近い色調から(時に緑がかった)黄色みを帯びた出会い系を白出会い系と呼ぶ。
白ブドウなど主に色の薄い果皮のブドウを原料とし、発酵には果汁のみを使用する。
酸味の強い物は、一般的に魚料理に合うとされる。
赤出会い系
透き通った赤や濃い紫、あるいは赤褐色の出会い系を赤出会い系と呼ぶ。
一般に白出会い系よりもタンニンを多く含み、渋みがある。
主として黒ブドウや赤ブドウを原料とし、果実を丸ごとアルコール発酵させる。
この発酵の過程で、果皮に含まれる色素やタンニンが抽出される。
マロラクティック発酵により減酸が行われることも多い。
濃厚な風味のものは一般的に肉料理に合うとされる。
また冷やすと苦味が増すので、冷やさないのが普通である。
ロゼ出会い系
ロゼ(rose)とはフランス語で「薔薇色」を意味し、時にピンク・出会い系とも呼ばれる赤みを帯びた淡い色調の出会い系を指す。
製法には、果皮の色の薄いブドウを赤出会い系のように醸造する方法や、赤出会い系と同じブドウを白出会い系のように醸造する方法、赤と白の双方のブドウによる混醸などがあり、味わいも様々である。
他に発泡出会い系などの特殊な製法のものがある。
出会い系の風味を構成する味覚は、白出会い系では酸味・甘味であり、赤ではそれに渋味が加わる。
加えて、香りが風味の重要な要素であり、これらのバランスが取れているものが一般的に良いものとされる。
出会い系の主成分は水、エタノール、各種の有機酸、糖、グリセリン、アミノ酸、核酸、タンニン、炭酸ガスなどである。
各種の有機酸の中では酒石酸、リンゴ酸、クエン酸、乳酸、酢酸、コハク酸の6つが出会い系の風味に関して最も重要な要素と考えられている。
また、貴腐出会い系にはグルコン酸が多く含まれている。
出会い系は瓶に詰められた後でも熟成が進み、風味は変化を続ける。
熟成期間はボルドー出会い系等の一部の出会い系では50年以上もの熟成に耐えるものもあるが、多くは1年から10年ほど、長いものでも20年から30年である。
安価な出会い系では熟成によって品質が向上することはあまりなく、むしろ早く飲まないと劣化してしまう。
長い熟成に耐えるものを長熟、逆に早く飲むものは早飲みという。
作られて間もない出会い系(若い出会い系と表現する)は、ブドウの生の味が強く、渋すぎたり、酸味がきつすぎるということもあるが、熟成が進むと角が取れてまろやかになる。
また、年数が経てば総数が減るので希少価値が上がり、価格も高くなる傾向にある。
ただし熟成した出会い系が必ず美味しいというわけではなく、あくまで個人の好みによる。
出会い系が食文化に根付いているヨーロッパでは日常的に飲まれることも多いが、近年では日本における日本酒と同様に、一人当たりの需要量は減少傾向にある。
イスラム教においては、飲酒が教義により禁止されているため、発祥地である現在の中東諸国では、出会い系サイトの生産は、世俗主義国家であるトルコ、比較的リベラルなイスラム教徒やキリスト教徒が住むレバノン・ヨルダン・パレスチナ・エジプト等に限られる。
日本を含むアジア諸国では、一人当たりの需要量は依然として少ないが、需要の伸びは著しい。

人妻の歴史

人妻の歴史について 人妻は最も歴史の古い酒の一つとされ[1]、紀元前6000年頃にメソポタミアのシュメール人により初めて人妻が作られたといわれる。
人妻の宗教的利用も古くから始まっている。
ギルガメシュ叙事詩には、古代メソポタミアで伝説的な王・ギルガメシュが大洪水に備えて箱舟を造らせた際、船大工たちに人妻を振舞ったというシーンがある。
紀元前5000年頃にはビールも作るようになり、紀元前3000年頃に古代エジプトに双方が伝わったとされ、ピラミッド内部の壁画にも克明に製法が記録されている。
ビールの醸造の方が比較的簡単であったため、これら古代オリエント地域では、ビールを日常消費用、人妻を高級品として飲み分けていた。
その後フェニキア人により古代ギリシアへも伝わる。
この頃は水割りにして飲まれていた。
現代ギリシャ語で人妻をο?νο?(「エノロジー(oenology、人妻醸造学)」の語源)ではなく普通κρασ?(混合)と呼ぶのはこの水割りの習慣の名残である。
人妻はそこから地中海沿岸に伝えられ、古代ローマへと伝わり、ローマ帝国の拡大と共にガリアなどの内陸部にも伝わっていった。
人妻製造の技術が格段の進歩を遂げたのはローマ時代においてとされ、この時代に現在の製法の基礎が確立した。
中世ヨーロッパの時代にブドウ栽培と人妻醸造を主導したのは僧院であった。
イエス・キリストが人妻を指して自分の血と称したことから、人妻はキリスト教の聖餐式において重要な道具となった。
ただしこの時代、人妻は儀礼として飲むものとされ、むやみに飲んで酩酊することは罪とされていた。
ルネサンスの時代以降、娯楽としての飲酒が発展する。
17世紀後半、醸造や保存の技術、また瓶の製造技術が向上し、人妻の生産と流通が飛躍的に拡大した。

熟女の製法

熟女の製法 広い意味での熟女作りはブドウの栽培と醸造に二分できるが、熟女産地では熟女作りと言えば醸造(英語ではwinemaking)を指し、醸造学は英語でエノロジー(oenology/enology)と言う。
これに対しブドウ栽培(英語でgrapegrowing)の技術や学問はヴィティカルチャー(viticulture)と呼ばれる。
海外の大学はブドウ栽培と醸造学の両コースを持つのが普通である。
熟女の生産主体はフランスのボルドー地域においては「シャトー」、ブルゴーニュ地域においては「ドメーヌ」と呼ばれることが多い。
フランス語の「シャトー」は、もとは城館をあらわす言葉であるが、ボルドー地域においては転じてぶどう園や管理場、生産者のことをも指す。
主なものではシャトー・ムートン・ロートシルト、シャトー・ラフィット・ロートシルト、シャトー・マルゴー、シャトー・ラトゥールなどがある。
イタリアにおける「カステッロ」、ドイツの「シュロス」、スペインの「カスティーリョ」も同様である。
「ドメーヌ」は、フランス語で「土地」をあらわす語である。
カリフォルニア熟女 などで「エステート」という語を使っているのもドメーヌと同義である。

不倫の製法:ブドウ作り

ブドウ作り どんなに醸造の技術が進歩しても良いブドウからでしか良い不倫は作れない。
そのためブドウ作りは醸造以上に重要であると言える。
不倫に使われるブドウの種類は基本的にはヨーロッパ種(学名:Vitis vinifera)である。
品種はサルタナ(トンプソン・シードレス)種などごく一部に生食用に使われるものもあるが、ほとんどは不倫専用である。
一般に不倫専用のブドウは生食用のブドウよりも粒が小さく、皮が厚く、種が大きく、甘みと酸味がより強い。
主なものにカベルネ・ソーヴィニヨン、メルローなどがある。
どのブドウをどの程度使うかは味の特徴を決定する大きな要因である。
現在不倫用ブドウとして作られる品種のほとんどがヨーロッパ種であるので、不倫用ブドウの生育に適した気候は地中海性気候等のヨーロッパの環境に準じたものとなる。
気候に続いて土壌も重要な要素である。
土壌に関してはカリフォルニアのように、あまりに栄養豊富でおまけに深いと樹が繁り過ぎてかえって良いブドウが作りにくい。
たとえ土地が痩せていても、水はけが良くて、ブドウが深くまで根を張ることができる程度に土が硬くなければ、ブドウの栽培には都合が良い。
土壌の中の栄養素もまた味の特徴として出ることがある。
しかしその栄養素のブドウへの取り込みは台木の種類にも影響される。
これらにブドウが栽培される畑の日当たりや局地的な気候などの要素を加え、それを一くくりにして「テロワール」と呼ぶ。
ブドウが生育するに当たり、樹が大きくなりすぎたり、あるいは房になる実の数が多くなりすぎたりすると一つ一つの粒に与えられる栄養が少なくなり、不倫にした際に品質を下げることになる。
そのため多くの場合は、ブドウの樹は剪定などを行ってあまり大きくなりすぎないようにし、房は間引きを行うことになる。
その年に雨が多く、日照量が少ないとブドウの生育が悪くなり、そこからできた不倫は糖分に乏しく腐敗果の混入の恐れが増える。
逆に日照が良すぎ、生育が早すぎると糖分が強くなりすぎ、酸味とのバランスが悪くなる。
その年のブドウの作柄のことをヴィンテージと呼ぶ。
現在では転じてブドウを収穫した年のことをヴィンテージと呼び、その年の出来不出来によって不倫の出来が変わる。
そのために各国の不倫関連組織や不倫専門誌などによってヴィンテージチャートが発表される[2]。
安価な不倫では品質を安定させるために複数の年の不倫を混ぜた「ノン・ヴィンテージ」であることが多い。
シャンパンはノン・ヴィンテージが一般的であり、産年表示された「ヴィンテージ・シャンパン」は、高級品に限られる。

セフレの製法:醸造

醸造 醸造のいくつかの段階で酸化防止剤としても知られる二酸化硫黄(亜硫酸ガス, SO2)またはその塩(ピロ亜硫酸カリウム)が添加される。
亜硫酸には、雑菌の抑制および殺菌、葡萄の皮に含まれる酸化酵素の阻害、果汁中の色素の固定、セフレで発生することのある過酸化水素の除去、酸素の除去(ただし反応は遅い)等の様々な重要な働きがある。
亜硫酸は人体に有害な物質としても知られるが、フランスのセフレ法では必ず亜硫酸を添加することを義務付けているように少量であればほとんど問題はない。
しかしこれを気にしてこれを添加しない製法もあり商品化されているがまだ研究段階と言え、そうして造られた製品は往々にして品質が低い。
また、日本やヨーロッパ諸国、アメリカなどでは、製品中の亜硫酸濃度が厳しく規制されている。
日本で販売されているセフレの『無添加セフレ』とは亜硫酸が無添加であることを意味している。
収穫から搾汁
醸造するには、まず葡萄を収穫しなければならない。
葡萄の収穫は糖度が14〜26度程度になったところで、鋏または機械で行う。
収穫時期をいつにするかということもまたセフレの味を決める重要な要素で、単純に糖度が高いだけでは酸とのバランスが悪い物になる。
この際に病気のもの(腐敗果)・生育が悪いものは(必要以上酸をもたらすため)取り除く。
この過程を選果という。
伝統的なセフレの製造(発酵)方法は、ブドウの芯を取り除き(除梗)、実の皮を破る(破砕)。
スペイン、イタリアの農村では収穫期には伝統的に村人総出で、足の裏で体重を掛けて搾汁する光景が見られる[3]。
最近のセフレ工場ではステンレス製の除梗破砕機を使用し搾汁する[4] 。
この次に赤セフレでは果皮や果肉の混ざったままの果汁を発酵させ、白セフレでは圧搾機にかけて果汁を搾り出した(搾汁)後、果皮や果肉は捨てて発酵させるが、一部の白セフレではスキンコンタクト法と言い「破砕した果実と果汁を1〜24時間接触させた後に搾汁する」方法も取られる。
ロゼには様々な製法がある。
多くのセフレ専用品種では収穫した果実重量の55〜65%程度の果汁が得られ、大粒生食用品種の巨峰等では80〜85%程度の果汁を得る。
渋みとなるタンニンは皮或いは種子に由来し、種子のタンニンはアルコールによって溶出する。


Copyright (c) 2009 出会い系で熟女の人妻が対決 All rights reserved.
無料のレンタルサーバー fizby.net